統合失調症 ポジティブ情報局 ~当事者の視点から~

統合失調症は治らない病です。しかし希望を持つことはできます。当事者が統合失調症について情報発信していきます。

心を病む人と、心が健康な人の大きな違いってこれかな?

f:id:toushitsufukei:20180520061254j:plain

 

私には持病がありますが、あんまり精神疾患ぽくないといわれています。ネガティブな感情が溜まった結果、精神科にかつぎこまれた、というわけではなく、ある日突然、統合失調症を発症したからかもしれません。

 

では、心が健康な人と、そうでない精神病っぽい人、何がどう違うのでしょうか。

 

 

スポンサー

 

 

いつまでもごちゃごちゃと言ってない?

 

私は自分が病気になり入院し、またしばらく障害者センターにも通っていたことから、心の病を抱えた友達・知り合いは大勢います。その人達に共通する傾向として、「過去に誰かにこういわれた、ああ言われたということを、いつまでも覚えていてごちゃごちゃ言う」というのがあります。

 

「高校時代、音楽の先生が『あなたは音大にはいけない』と言った」

「小学校のサッカー部で、同級生が『こいつはいじめようぜ』と言った」

「高校の同級生に、『あなたに憧れてて』と言われちゃってぇ」

 

みたいな。良いことも悪いことも、果てしなく覚えているんですね。そして20年以上経っても未だにそこにこだわっているんです。私はいまアラフォーなのですけれど、同世代の人でも高校時代や20歳頃にあったことを延々と語り続けるんです。

 

もう時代も代わってるし、時間も経過しているのに、延々と昔話をしているのが、障害者センターでの会話でした。でも、過去のことだから記憶も脚色されてて、決して真実ではないんですね。自分自身のなかでの真実でしかなくて、すっごく不毛な会話だったなって思ってます。

 

自己肯定感情の有無なのだろうか?

 

それに比べて心が健康な人って、何かいわれても「ああ、こんな人もいるんだな」って思って忘れてさっさと進んでいく人が多いような気がします。心の持ちようといいますか、落ち込みが浅いというか、自己肯定感情が強いので、多少、批判されても心が折れづらいといいましょうか。

 

自分が「ありのままでいい」と思えることって大切ですよね。何か仕事で実績を残していないと価値がない、勉強の成果が出ていないと価値がない、常に求められることに答え続けないと価値がない、そんなふうに感じている人、精神疾患の人に多いような気がします。

 

でもありのままで良いと思うんですよ。別に仕事で結果を出せなくとも、勉強ができなくとも、人から求められなくとも、自分は自分なのだから、これで良い。そう考えると、ちょっぴり心が健やかになってきます。

 

心の傷はなめると治る

 

それでも、心の病になって障害者センターに行くことは無価値ではないと思います。たとえ傷のなめ合いだとしても、傷はなめれば治りますから。ペロペロと。動物だって傷ついたらなめて治すじゃないですか。それと同じです。

 

私も無職のころや病気になりたてのころ、障害者センターに通ってだいぶ楽になりましたよ。心の病を持っていて、とくに重度の精神疾患の場合は、あまり人間関係が続かないことも多いのです。しかし、それでも障害者センターに行ってみて良かったと思っています。

 

心が健康な人の真似をして、私もできる限り過去にこだわらず前向きに生きていきたいです。

 

 

スポンサー

 

 

統合失調症は時代を超えてかかる病、じゃあアフリカの部族や300年前の人はどうだった?

 

f:id:toushitsufukei:20180516171237j:plain

 

「この病気、どうしてみんな『黒い服』『GPS』『追われてる』とかいうんですか?」

 

 

今日は通院だったので、そんな疑問を医者にぶつけてみました。

統合失調症ってなぜ起こるのでしょうか。すごく疑問です。

 

 

スポンサー

 

 

私が統合失調症になった理由とおぼしきもの

 

私の場合は、「ストレス」と「罪悪感」がトリガーになったようです。ストレスは、当時、不安定な非正規労働者だったこと。1年契約で、最大4年。更新をするには、上長のお気に入りにならなければならない。つらかったのは「契約は解除だ!」というふうな幻聴が何度も聞こえてきたことです。雇用が脅かされる不安はとてつもないものです。

 

ま、実際病気になって入院となり、会社はみごとに契約を更新してくれず、私は市場に放り出されたわけです。

 

それから、罪悪感。当時お金がなく、借金も抱えていました。また、恋愛面でもトラブルを抱えていたのです。これはあまりいいたくないので考えないようにしています。

 

そしてそうしたものが同時に積み重なって心が潰れてしまったのかなって思っています。幻聴、すごくつらかったです。

 

世の中の人が全員おなじ訴えをするのはなぜ?

 

でも、病気になってから、病院や障害者センターを通じていろいろな友達を作ってみると、統合失調症の人はみんな「GPSがつけられてる。黒い人の服が自分の命を狙ってる」ってうんです。みーんないうんです。

 

なんでなんだろ?って思うんですよね。同じ症状なわけじゃないですか。だって、人はひとりひとり違うはずなのに、症状がみんな同じってすごいですよね。そしたら医者は、

 

「うーん、黒い服の人が怖いっていう刷り込みがあるんじゃないですかね」

「過去にスーツの人に追いかけられたとか、GPSは怖いものだというイメージがあるのでは?」

 

 

ということでした。

こんな答えって納得行かないですよ。じゃあ、過去に怖い思いをしたとか、そういう不幸体験があった人が、大人になってまでまた病気に苦しまないといけないってこと?

 

それに、私が子供の頃はGPSなんてなかったんですけど・・・

 

アフリカの部族の人や300年前の統合失調症の人はどんな症状?

 

じゃあ、思うわけじゃないですか。統合失調症が全部おなじ訴えをするなら、スーツのない世界の人たち、そしてGPSがなかった時代の人たちはどうしてたんだって。大昔から統合失調症はあった病です。

 

すると医者は

 

「部族なら部族で、弓矢で狙われてるとか、そういう訴えになるんじゃないですかね?300年前は、私いなかったのでわかりませんけど、その時代に応じた症状だったはずですよ」

 

 

というもの。うーんまあ、そりゃそうですよね。でもそれがなぜ今の日本だと「黒の」服で、「GPS」で「追われる」になるのかの答えにはなってないですよね。

 

もっと勉強してくれや!と思った次第です。私も統合失調症について研究したいんですけど、資料がないんですよね…。ネットの知識はあいまいだし、本は脳みそのことごちゃごちゃ書いてるので、なんか私にもわかりやすく解説してくれる資料はないかなあ。

 

統合失調症患者の本はいくつかあるんですけど、みんな幻聴にフォーカスしてて、読んでて可哀想になっちゃうんですよね。

 

スポンサー

 

 

キリストの時代はどうだった?

 

ところで、聖書を勉強してると、イエス・キリストが寝たきり患者のもとをおとずれて、「あなたは許されましたよ」っていうだけで、患者がスタスタあるけるようになった、っていうエピソードあるじゃないですか。

 

あれって、やっぱり「うつ病」の人が寝たきりになったので、そこから開放されたんでしょうか?うーん、気になる。そんなことは一言も書いてないけど、どうなんだろう。あっ、でも、キリストがどうこういいだしたらヤバ目のサインなので、やめときます。

 

寝たきりになってしまったら

 

うつ病に限らず、統合失調症も寝たきりになることっってあるんですよ。私の場合、退院してからの3ヶ月がそうでした。退院間際は極めて元気で、ピンピンしてたんですけど、会社を休職して入院し、退院した後は温泉にいって療養していました。

 

でも、当時一人暮らしだったもので、帰宅したらご飯に困りましたね。また、退院して職場復帰しても、しばらくは半日勤務でしたが、帰宅したら寝たきりでずーっと天井を見つめていました。なかなか体が動かなくて。

 

ご飯がないときは宅配を使ってみてください。

 

食事制限でお悩みの方にオススメ|ウェルネスダイニング

 

統合失調症って、急性期で強烈な症状がでたあとは、激しく消耗期に入って、ぐったりしてしまうんです。そんなときは、宅配を使うしかないです。ご飯は食べないと生きていけないので。

 

生きるのは大変です。がんばりましょう。

あと、この漫画いいですよ。抑圧から開放されることの素晴らしさが描かれています。少女漫画なんで、基本は四角関係の恋愛モードなんですけど、主人公はほんと平凡な女の子です。でも、みんなが彼女を好きになる。それは、彼女が抑圧から開放されているから。素晴らしいです。6巻セットでぜひ。

 

 

スポンサー

 

 

幻聴のなかでおさんぽ。心が壊れていても筋力だけは

f:id:toushitsufukei:20180511072020j:plain

 

私はいま41歳。統合失調症という病気になったのは36歳のときでした。その頃は派遣社員。その前は何をしていたかというと、1年ほど無職の期間があって、肉体改造をしていたのです。具体的には、ウォーキングで基礎体力をつけて、ジムで筋トレして最低限の筋力もつけていました。30代で肉体改造をしたことは、とても良かったことだと思います。

 

 

スポンサー

 

 

肉体改造は生活を変えてくれる

 

33歳のとき、肉体改造をしようと思いました。具体的には、体力をつけて生活しやすくしようとしたのです。当時の私はけっこう体が弱っていて、1日働くとクタクタでした。疲れというものは脳から来ているらしく、脳が「疲れている」という信号を出すのだとか。脳の働きもあるんでしょうか。疲れやすかったのは。

 

肉体改造をして、そこそこいい体になったと思っています。体力がついたので良かったです。たとえば、私の住んでいる街から東京駅まで30数キロありますが、歩いたことがあります。7時間ぐらいかかりましたし、周りには呆れられました。でも、私はウォーキングにハマっていたので、とても楽しかったです。

 

体が元気になると、生活が変わります。夜遅くまで起きていても朝はきちんと起きられるようになるし、家事もダラダラしなくなります。勉強や仕事に打ち込むこともできますし、人生において肉体が元気だというのは非常に大きなことです。

 

ただし、いまは幻聴が・・・

 

肉体改造をしたのは、33か34の頃だったと思います。その後、私は統合失調症になってしまうのですね。頭が壊れちゃったわけです。統合失調症というのはよく知られている通り、幻覚・幻聴がひどいものです。私も命を狙われているという幻聴がひどく、即入院になりました。

 

実は今もあるんですね。特に早朝がひどいです。薬はちゃんと飲んでいます。ゴミ出しにいくと、たまに車が通ったときに、連れて行かれるような幻覚というか錯覚が起きるんです。これはなかなか精神力をガリガリ削られます。

 

体の調子がいいのでおさんぽしよう

 

そんなふうに、脳の具合があまりよくないものの、体はお散歩するとっても元気になります。今朝もゴミ出しにでかけて、家とゴミ捨て場を4往復し、30分ほど歩きとっても気持ちよく、爽やかな気分になりました。この気持ちを味わいたいから、明日も別のゴミの日なので、またちょっと遠目のゴミ捨て場まで歩いていこうと思います。どんだけゴミ貯まってんだって感じですが。

 

脳の具合は悪くとも、体を元気にすることはできます。本当に重度な精神疾患だったら、体も動かせなくなるのかもしれませんが、私は少し回復途上にあるので、おさんぽしてみようと思いました。2,3日に一度でいいので、30分程度、歩いてみましょう。

 

「Born To Run 走るために生まれた」面白かったです。肉体改造をしていたころによく読んでいました。

 

 

スポンサー

 

 

まるでマトリックス。これが統合失調症の前触れ、原因だったのかなと思った経験

f:id:toushitsufukei:20180504123920j:plain

 

今回も、統合失調症という極めてデリケートな病気に関心がある人だけよんでいただければと思います。

 

 

スポンサー

 

 

マトリックスのように電極が落ちてくる

 

実は私、統合失調症を発症する何年か前に、奇妙な症状に襲われました。

道を歩いていて、突然、神経回路のようなものが切り替わり、視界にマトリックスのように電気がポロポロと落ちてくるようなイメージに襲われたのです。

 

今回のアイキャッチをイメージしてもらうと、わかりやすいかなと。英数字がポロポロと視界の上から落ちてきて、下に流れていく。脳が乗っ取られたかのようになってしまうのです。

 

道を歩いていたときと、お風呂に入っていたとき

 

これがどちらも、ひとりのときに発生しました。大通りを歩いていたときと、家でお風呂に入っていた時。道を歩いていたときは危険でしたよ。だって視界が塞がれて、何も見えなくなってしまうのですから。

 

お風呂のときも、湯船に沈んでしまう体を一生懸命手で抑えて、「ああ、私の脳はどうなっちゃったの?」とパニックになっていました。

 

もしもこれが、てんかんなのだったら、非常に危険だということが理解できます。車の運転中だったら事故を起こしていたことでしょう。私っててんかんなのかな?と思って、近所の病院にいったところ、「そんな大変な症状、うちに来られても困る!」といわれました。

 

病院代がなかったので検査できなかった

 

近所の診療所では、診察も薬もなしということでお金は取られませんでした。当時わたしは手取り15万円で生活していたため、治療費や検査費を捻出するのが困難で、脳神経外科にいくことができませんでした。

 

症状がおさまったらなにも起こらないのです。ただ、突然、脳がクラッシュしてしまうので、これはとっても危ないなと思ったので私は部屋にガスコンロもおかず、お風呂も湯船を使わず、生活を工夫して乗り切ることにしました。病院にいくお金がなかったのです。

 

そして統合失調症を発症

 

それから半年ほどして、統合失調症で入院になりました。病院には検査設備があって、MRIや脳波検査を使っても入院費に含まれるとのことだったので、脳波をとってもらうことに。でも、てんかんではありませんでした。ちょっとほっとしたけど、じゃああのマトリックスは何だったんだろう?と不思議です。

 

みなさんはこういう症状ありませんか?非常に危険なので、すぐ病院へ。統合失調症の前触れかもしれません。これが原因だとは科学的には解明されていませんが、私の体験談です。

 

病院は絶対行ってください。それに加えて、漢方が良いと思います。漢方は西洋薬ともバッティングしないし、体調を整えてくれるので。少しでも気楽に暮らしましょう。

 

これですね。和漢の森が良いと思います。やっぱり漢方って体調も良くなるんで、病院からの薬と併用するのにおすすめです。 

 

 

スポンサー

 

 

やばい病気とお金を生み出す妄想力

f:id:toushitsufukei:20180501181647j:plain

 

私はもうネットで持病をオープンにしてしまったので、気にせず書きますが、統合失調症というやばい病気をもっています。これはやばすぎでしょう。怖いと思いますよ。私も病気になる前までは、この病気、ひえええって思ってましたから。だから社会に偏見があるのわかります。それでも、まだインターネットはメンタルヘルスに優しい部分はあると思います。リアル社会のほうが偏見はきついです。

 

 

スポンサー

 

  

妄想力が高いから、病気になったのだろうか?

 

そもそも、統合失調症は誰でもなり得る病気です。100人に1人が突然発症し、遺伝するかどうかもわからないのです。集団ストーカー被害を訴えるのが特徴的で、黒い服の人に追いかけられていた、「組織」が自分の命を狙っている、GPSをつけられているかもしれない、といった訴えが主訴になります。

 

私も同様の状態に陥り、一気に入院となりました。私が一番つらかったのは、自分を非難する声です。誰しも、インターネット上において、批判されたりつらい思いをしたりしたこと、あると思います。そんな感じで、リアルに声が聞こえるんですね。

 

私の場合、お風呂に入っていても廊下に人が立っていて「こいつ、殺されると思ってるぜ」とか、誰も住んでいない隣の部屋から「死ね!死ね!」っていいながら扉をバンバンされるなど、かなり追い詰められていました。

 

もともと私は妄想力が激しいんですけど、それがトリガーになったのか、わかりません。なぜ統合失調症になったのだろう。こんな命に関わる病気に。答えは誰もわからないのですけれど、知りたいです。

 

持病とお金との関係

 

私はいま、ウェブライターっていう仕事をしていて、多くの記事を何も見ないで書いています。ちらっとデータを参照することはありますが、基本的に自分のいいたいことを、うまーくまとめるのが仕事です。あまり他のホームページを見ながらリライト、ということはしていません。

 

よって結構スラスラ書けて売上が高いのですが、これって妄想力が関係あるのでしょうかね。もしかしたら、私の売上を生み出す力は、統合失調症のパワーから来ているのかも・・・。

 

いや、病気と仕事を関連付けるのはやめておきましょう。

 

リアル社会のほうが偏見はきつい

 

私もっともっと、ネットで病気のことあれこれいじめられるかと思ってたんですよ。でも、毎日一生懸命生きてるからなのか、ネットに心の痛みを分かる人が多いからなのか、あまりひどいことは言われません。ごくたまに、病気を揶揄されることはありますけれども、ほとんどないですね。この4年間で1回ぐらいです。

 

実際、ネットよりリアルのほうが統合失調症への偏見はきついです。私のまわりには統合失調症の友達が山程いますが、みんなお互いの偏見にも苦しんでいます。

 

ネットではきつい言葉がでるので嫌なときもありますが、それでもリアル社会の偏見の厳しさに比べたらまだマシです。そしてなにより、病気が発症したときの徹底した幻聴のほうがきついです。幻聴ってほんとうにつらいです。

 

こんな持病を持っているのに、何事もなく接してくれる人には感謝しかありません。

 

 

 

スポンサー

 

 

がおー!私は病気なのである!

f:id:toushitsufukei:20180419085123j:plain

 

昨日は病院の日でした。通院記録を残しておきたいと思います。

私の個人的な闘病記なので、参考にならないと思いますが、メンタルヘルスというものは誰にとっても無関係ではないので、メモすることで何か役に立つかもしれません。

 

 

スポンサー

 

 

気のせいといわれた!

 

私、謎のピンポンがなる現象に悩んでいるんです。寝てるときとかにピンポン、朝も寝てるときにピンポン、昼間もピンポンとチャイムが鳴るんです。出てみると誰もいないのです。足音がしないので、誰も来ている気配がない。

 

どういうことでしょうか。なんだろうこれ?と思って医者に相談したのですが、

 

「うーん、気のせいじゃないの?」

 

とのこと。ええっ!?気のせい?明確にピンポンが鳴ってるんですけど…。

こればっかりは、家の人も「寝ぼけてたんじゃないの?」って言うんですよね。他の異変は今のところないですね。あまり外に出ていないので、私は家が最後の砦。家のなかでそういう事象が起こるのはとても困るのですが。

 

しかし医者にしてみたら、「気のせい」としか言いようがないですよね。でもね、確かにピンポンって音が鳴ってるんです。うーん。それでも医者に、

 

「それで怖いとか、何か恐怖心が出てきたら、薬を増やしても良いかもしれませんね」

 

とも言われました。

 

4月なので新しい医者にチェンジ

 

私は公立の病院に通っているので、医者が転勤でいなくなるんですね。前の医者が転勤でいなくなったので、新しい医者にチェンジです。次の医者も普通の人。熱心に話を聞いてるけれど、私の病気はどうせ一生治らないので、あんまり気にしてもしょうがないですね。

 

これまで、何度医者が変わったでしょうか。最初の入院時、私は頭の中がひどい幻覚に支配されていたので、前の先生のときに

 

「おいっ、こいつ医者に色目使ってるぜ!」

 

みたいな声が閉鎖病棟の窓から聞こえてきてとっても辛かったです。自分を攻め立てる声。なんでこんな病気があるんでしょうね。

 

病院には変わった人がいる

 

メンタル病院に通っているので、変わった人はいます。あまりジロジロ見ないのがマナーかと思いますが、今日は待っていると「てめぇ!ぶち殺すぞ!」という怒鳴り声が。

 

何事かと思って見てみると、50歳ぐらいの人がブチ切れていたのですが、相手はなんとその人の母親。

 

50歳ぐらいで精神科に80歳近いおかーちゃんと一緒に来て、そのおかーちゃんにブチ切れるなんて恥ずかしいも良いところですよ…。おかーちゃんに謝りなさい。まったく色んな人がいますね。あんまり関わり合いになりたくないところです。

 

薬を飲んでいたら正常に暮らせるけれど

 

まあピンポンが鳴るのは気のせいってことになりましたけど、あんまり外に出たくないですね。病気になって5年ぐらい経ちますけど、発症したときのことはとても記憶に残っています。

 

病気になったときは本当につらかったです。生活も不安定で、将来どうなるんだろうって不安で不安でいっぱいでした。それに比べたら今は仕事もあるし、症状も若干あるものの安定しているので、まだ幸せかなーという感じです。

 

この生活を支えてくれているすべての人達に感謝です。

 

 

スポンサー

 

 

統合失調症、ピンピンしてるように見られるけど謎の症状を発症

f:id:toushitsufukei:20180412053302j:plain

 

私あまり重度の統合失調症があるように見られないんですけど、脳に謎の不具合があるんですよね。医者の見立てによると、私の度合いは中程度だそうです。ネットで活躍してる人は軽度。みなさんが想像するような支離滅裂の人は重度。私は中程度なので、まあなんとか、ぼちぼち生きていっていますよ。でも最近、やばい兆候があるんですよ、今日はそれについてメモっときます。

 

 

スポンサー

 

 

謎のピンポンが鳴るんですけど

 

なんかですね、自宅のピンポンが鳴るんですよ。宅配便が来たときは、足音がするので訪問者だなってわかるんですけど、ピンポンが何度もなって、はーいって出ると、誰もいないのです。うーん、これってやばいんでしょうか?

 

昨夜も21時に就寝して、22時ジャストに「ピンポンピンポン」って2回鳴ったんですよ。いや、鳴った気がしただけかもしれませんが、とにかく私の耳に音は聞こえているのです。そして目も覚めます。でも誰もいない。うーん。

 

怖いっていう感情はないんですけど、「また鳴った」みたいな。でも、それ以上のことは起きてないんです。誰かに追いかけられてるとか、人に後つけられてるとかストーカーがいるんじゃないかとか、そういった発症時に起きたような激しい妄想はありません。ただ、音が鳴っているのです。

 

家事代行さんに相談してみたら「あら、そんなことあるわよ」だって

 

私は家事代行をたまにお願いしてるんですけど、たまにお話するんですね。そこで「空耳みたいなピンポンが鳴ることってありますか?」って聞いたら「あら、あるわよぉ。誰でもあるんじゃないかしら」みたいなお返事だったんです。

 

一般の人もそういうことってあるんですかね。それならちょっと安心かな。でも今まで生きてきてそんな空耳なかったです。これって、持病が悪化してるんでしょうか。それとも本当に気のせいなんでしょうか。

 

実害はないのです。ピンポンが鳴る以外に何も違和感はありません。それに、誰かに本当にいたずらされているとかもなさそうです。まず、足音がしていないので、誰かが来て押してるというわけではなさそう。

 

医者に伝えても薬増やされるだけだから困る

 

医者に伝えたところで無駄なんですよ。「お薬、増量しましょうか?」って言われるだけなので。増えて収まるんだったら楽だっての。薬じゃどうしようもない症状が出ているからこそ、困ってるんです。精神科医ってこっちの悩みとかに寄り添わず、すぐに薬の変更と増減で対処しようとしますよね。気楽な商売っていうか。

 

ちょっと薬を増やしてみたんですけどそれでも昨夜、ピンポンが鳴りました。何なんでしょうかこれ。困りましたね。でもこのせいで暴れたり入院したりおかしな言動を取ったりということは今の所ないので、鳴るたびに不安に陥りながら、やりすごすのみです。

 

はあ・・・なんか生きてることそのものがダルいです。ダルいのでアイキャッチだけはポップなフルーツにしてみました。

 

スポンサー